シュタイナーから離れて

今日は春分です

昼と夜が同じ長さになった上に

煌々とした満月です

 

生活が変わってシュタイナーから離れていますが

たまたま先ほど講義のノートを開きました

 

 

月二回

二時間の講義は

日常から少し離れて

霊性と向き合う大切な時間なのだと気づいた次第です

 

 

人は(わたしは)霊性と向き合うとき

心の奥底にひっそりといる

とても大切なところに帰ります

 

この時間がどれだけ心に光をもたらすのか

 

 

帰依する

ということ

それは自分=他者 

になること

 

あなたがいるからわたしがいる

 

どんな存在も尊いと感じることが出来るかどうか

 

 

霊界との繋がりが感じられることが

どれだけ

どれだけ

魂を救えるのか

 

 

 

いつもこういうことを考えていることは出来ないのですが

 

 

今は春分点

お彼岸ですから

いつもよりも霊界が近くなってるのでしょう

 

 

こうして書いているこれもメッセージ

 

 

 

なにかのきっかけで霊界に触れることができることが

 

どれだけわたしを救っているのか

 

 

久しぶりに思い出したので

こうして残そうとおもいました

 

 

 

 

 

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものの願い事が叶いますように

生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように

生きとし生けるものに悟りの光が現れますように

 

わたしが幸せでありますように

あなたが幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

 

 

 

 

 

 

孤独と恐怖

暖かな雨の金曜日

 

春分前の新月の時間に入りましたね

 

向き合いたくないとゴネる自我をなだめてした

心とお話しタイムの内容を

残しておきたいと思います

 

 

こんなときたなごころの手当てが使えるのはとても心強いものです

おなかに手を当てます

 

 

わたしの中で一体何が起きているのかという質問でした

 

 

 

大変革ちう!!だって 笑

 

おなか、つまり子宮に孤独と恐怖が詰まっていてフリーズしてるみたいです

 

文字通り凍ってる!

つめたくなっとります!

 

 

しかもいろんな人の孤独と恐怖がいるみたいですね

 

今の状況は自分に向き合うために起こしていると!そうでもしないとスルーするでしょう?と!

 

自分の中に全ての答えがある

 

だから沈潜すればよい

 

怖いと思っているけど見ないようにしていること

いろんな人に否定されるだろうなと思ってること

それは先ずわたしがそう思っているから

だから人から言われたくないと思っている

しかも自分がそう思っていることを拒絶しているから

だからフリーズしてる

感情も思考もフリーズしてる

 

 

まだまだ何を思っているのかがわからない

 

 

そんな今の状況に大切なのは

 

 

身体を動かすこと

呼吸をすること

 

 

だって!

 

この前の稲葉先生の未来会議でもこの話になったね

nonkoちゃんとも

この話

 

 

 

 

身体が心をつくる

 

 

 

 

しばらく身体を観ていこう

 

 

 

 

内面への旅は

こうしてカタチをかえてゆく

 

 

 

 

全てはわたしの中で起きている

必要なことが起きている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

命。生きる。活かされる。

春爛漫!!!

幸せな季節ですね

 

季節は巡るめぐる廻り

あのときのいつ抜けるのかわからない混乱は嘘のようにおさまり

新しい世界が目の前に広がっているような気がします

 

 

命が息吹くこの季節に

生きる命の不思議をおもいます

 

 

それはここに生まれ落ちる前に書いてきたシナリオで

誰のせいでもないことで

命の巡るこの世界の摂理でもあるから

 

 

ひとことでそれを

良い

悪い

とは言えないというのがアタマでは分かっているつもりですが

 

 

 

それでもここに残されたその命に

あっちに行ってしまわなかったことに

ただただありがとうしかない

 

 

 

そしてその

『生かせたい』という意図を

強く強く感じます

 

 

生かす

そして

活かす

 

 

命だけではダメで

繋がっている以上は

活かせないとならない

 

もしかしたらすごくむつかしいことをしていかねばならないのかも知れません

それは還るよりも厳しい道なような気もします

 

 

 

あの日大きな地震津波がおきて

生きているありがたさを感じたけれど

 

それをさらに考え向き合う時期

 

 

 

そして

選んだなら

共に前に進む

 

 

 

 

 

最近

宇宙が切羽詰まって来てるようにおもいます

 

自由意志よりも宇宙意図が強いような

強引な恋人みたいにぐいぐい引っ張ってくるようなきがします

 

 

嘘が

もうつけない

本気で向き合うしかない

やるならやる

 

 

その代わりに

やるなら強力なサポートが入ります

 

 

 

 

今日から新月春分そして月末の満月ブルームーンまで

自分に沈潜する時間を過ごし

 

何が出てくるのがを見極めたい

 

 

きっと今この世界は大きく変わろうとしている未曾有の時間だから

 

 

そんな自己観察をここに記したいと思います

 

 

 

 

 

最後に今日の朝に書き留めた事をここに

 

 

2018年3月14日

倒れてからちょうど4か月の

穏やかな春の日に

 

 

 

 

 

 

 

 

一生抱えて生きる


わたしがわたしを守るし
わたしがわたしを幸せにする
絶対にそばにいるし
大切にしつづける

 

病めるときも辛いときも
いつもずっと一緒にいる

 

 

絶対に守るよ
だから大丈夫

 

 

全て受け入れよう

 

 

 

純粋な意識がもたらす現実についての考察

えと…

明けましておめでとうございます!!!

(旧暦ね♡笑)

 

 

今年も魔法の絨毯に乗って

宇宙の旅に出ましょう!!!!

 

 

さてさて言い訳は抜きにして

ここのところでたどり着いた思考の実験とその結果について書きたいと思います

 

 

昨日nonkoちゃんと話して

最終的な答えが見えたのですね

 

 

 

ある映画のチャリティの自主上映会を主催したんです

 

 

これをやることを決めたのは

去年の10月でした

いろんなことが落ち着き関係も出来て

イケるな!という判断をしました

 

 

しかしですねそのあとに我が人生に波乱が巻き起こりまして

もうそれどころじゃなくて

 

何度も何度も無理だって思ったんだけど

でもやめられなかったんです

 

 

なぜなら

この映画は

 

『人の再生』のお話だから

 

 

今このときに

 

このテーマに向き合い

やる必要があるから起きてることだとは体感としてわかってはいた

 

 

それが分かっていても

この現象界で起きることはなかなかキツくて

プレッシャーに押し潰されそうになりました何度も

 

 

 

その理由のおおきなひとつは

 

 

 

会場のキャパが

 

 

 

555人だったから!!!笑

 

いくら大は小を兼ねるからと言っても多すぎですから!!!!

 

 

 

わたしの人生で最大の人集めは

すなっくきりぎりすのバーベキュー大会の60人でしたから

 

 

 

 

せめて250人は入らないともったいないし…

 

ペイも出来ない…

 

 

 

 

でもね

身体と気持ちが上手く動かなくて

ダメになってるときに起こる

『人に連絡できない』

という症状が出てまして…

 

メールひとつするのに3日かかる!笑

 

 

単純にプレッシャーと

キャパオーバーだったワケで

 

 

でも自分と話をしていくうちに

 

 

『やりたくないこと』

 

 

というのが出てきました

 

 

この映画に興味のない人に

『お願いします』

と頭を下げること

 

話を聞きたくない人に

無理に話をすること

 

 

無理矢理お金を出してもらうこと

 

 

 

 

もうねハラをくくった訳です

 

 

やりたくないことはしない!!

それで人が集まらなくてもいい!!!

お金なら自分で払う!!!!

 

 

でも興味を持ってくれた人には

全力で話すしお願いする

 

 

全力で映画を大事にする

届けたいと願う

役に立ちたいと思う

 

 

 

そして

会場が埋まっているビジョンを

 

 

観てよかった来てよかったという表情をしたたくさんの人か会場を後にする姿を

 

 

全力でイメージしました

 

 

 

 

 

後は全て流れに任せて

指示に従って動いただけでした

 

 

 

新聞は3紙4記事を載せてもらい

チケットをまとめて売ってくれる人が出てきてお願いをする

 

 

 

わたしが直接手売りしたチケットは
たった2枚
それも先方から欲しいと言われたもの

 

そして当日までに

手元に入ったお金は

 

 

47000円

 

 

 

それでも全力でイメージし続けました

 

 

上手くいくことしかあたまに

なかった

 

不安が来るけど

そーっと消えてもらう

 

 

 

 

そして迎えた当日

 

 

 

長く伸びた当日券の列に

開場時間を前倒し

 

途中列が途切れることもあったけど

 

会場は埋まり続けました

 

 

 

 

 

最終的にチケットは

 

 

 

 

437枚売れました

 

 

 

会場は

ほぼ満員に見えました

 

 

 

嬉しかったなあ

 

 

 

寄付の総額は

 

 

 

¥228,901でした

 

 

 

 

 

 

 

ではなぜ想像以上の結果がもたらされたのでしょう

考えてみました

 

 

 

 

ひとつめは意識の力

 

『思考が現実をつくる』

 

というのは引き寄せの法則での決まり文句です

 

それをビジョンを明確にイメージするという実験してみていた訳ですが

その結果は

お見事でした

 

 

宇宙は完璧だと思いました

 

 

 

 

そしてもう一つ

後から気づいたもっともっと大切なことがあったのです

 

 

 

 

 

何故わたしはこれをやりたいと思ったのか

 

その純粋な理由は

 

 

 

全力で映画を大事にする
届けたいと願う
役に立ちたいと思う

 

 

 

わたしがやりたくないと思ったこと

 

 

この映画に興味のない人に
『お願いします』
と頭を下げること

 

話を聞きたくない人に
無理に話をすること


無理矢理お金を出してもらうこと

 

 

 

これらのことは

純粋な意識に反することで

 

だからわたしはそれをやりたくないと感じたのだと

気付きました

 

 

そして誰に何を言われてもその自分の純粋な気持ちを尊重し続けたこと

 

 

自分を裏切らなかったこと

 

そしてその代わりに自分と一緒に全ての責任を負ったこと

 

 

 

そうしたら現れた現実はこうなった!!!

 

 

f:id:mimikirigirisu:20180221143249j:image

 

 

 

一緒にイメージしてくれた人

力を貸してくれた人

信じて応援してくれた人

純粋に見に来てくれた人

監督

上野さん一家

そして宇宙に

 

 

 

感謝しかないです

 

 

 

身をもって理解させてくれてありがとう!!!

 

 

 

 

 

そして

 

 

これでやっていけるとわかった

 

生きていく力を受け取った

 

 

 

わたしは

わたしの今生ここに来た理由を全うし

幸せに笑うわたしを生きる

ということにフォーカスし続ける

そのためにわたしはわたしを純粋に信じ続け

わたしはわたしを守り裏切らない

 

 

 

 

そして

できたら幸せに笑って生きてくれることを

純粋に意識し祈り願い続ける

 

 

 

 

 

 

 

最後に

会場の座席の555というエンジェルナンバーの意味を残します

 

 

 

 

“一生を通じての大きな変化が訪れています。準備期間を終え、スピリチュアルな存在としてあなたの真に値する素晴らしい人生の扉を開ける時です。その変化が一番ふさわしい道から外れることの無いよう、ポジティブな考えを持ち、祈りとアファメーションで中心からぶれないようにしていてください。”

 

 

待ち時間に

時間とはかもしかのような脚が生えているものなのかもしれない

 

ホントに早いもので

11月も半ばをすぎました

 

大変なご無沙汰ですね

みなさまおかわりございませんか

 

 

 

わたしは波乱の中にいて

それがあまりにも仕組まれているような感じで

驚きと恐怖とある種の諦念感

今ここにある現実と

それでも抱く希望

そしてどこかこれを冷静にみつめる眼差し

 

そんなものが混在しているところです

 

 

 

なんのために生まれてきたのか

なにをしようとしているのか

 

 

道を辿ってきたら

ここにいた

 

 

とても自然な流れだった

 

 

不思議なものだな

 

 

でもね

生きていくのです

 

 

わたしは生きていることに

ホントに感謝した

命を持って行かなかった

その血の塊に

 

 

宇宙は常に味方でいるから

 

 

必要なことだけが

起こるから

 

 

わたしはわたしの中心で

愛でいればいい

 

 

そんなことをここで

したためて

 

 

いろんなことが起こる中で

たまたま一番最初に大変なことが

起きただけ

 

 

 

 

宇宙は終わりなき持続

ぐっと涼しい今日この頃ですね!

 

さっきテレビのニュースで

東京は8月に入って雨が降らなかった日がないんだって言ってました

 

ずーーーーっと雨

 

梅雨と均したら丁度良いのかもしれないけれど

夏を満喫したいなって思うのですよね

 

あああ

海に浮きたい!!!!!!

 

 

そんなことを思いながら新しいお仕事の立ち上げにうきゃうきゃしているところです

ばたばたしていて

ここに書きたいことがたあああくさんあるのですが

ついつい筆不精をかもしだしていますね

 

 

 

 

今回は 

とても書いておきたかった

前回のシュタイナーのクラスのことを

おくればせながらですがしたためます

 

 

 

この日のお話は

村上春樹の『騎士団長殺し』のことから始まりました

 

このお話はまさに『神智学』である

 

この瞬間の感覚

一瞬の現在である<体>

持続する知覚である

過去=記憶と未来=行為

これが<霊>

その間に立つ

<魂>

 

これをこの小説は見事にあらわしているとおっしゃっていました

 

 

はい!

再読決定です!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

そして

よく言うじゃあないですか

 

『わたしが動くと世界が変わる』って

 

どんな行為でも、それを意識してやったとき

そしてその行為が世界に伝わる時

結果

外の世界の何かが変わる

そしてその何かによって自分もかわる

 

 

たとえばそこにぽいっとゴミを捨ててしまう

すると外の世界はかわりますね

そしてその行為によって自分のなかの本当に小さなことがちょっと動くとおもうのです

 

簡単な例えですが

 

 

 

 

 

 

 

起こることに対して

自分と縁があるって思えるかどうか

 

自分の身にふりかかってきた嫌なこと不幸せなことに

その出来事は自分に縁があることと

思えるかどうか

 

 

 

 

なぜなら自分は

『全宇宙と関係がある』から

 

宇宙と自分は運命共同体だと思えるかどうか

 

 

そして

『自分のなかに宇宙がある』

と思えるかどうか

 

 

プラトンは言いました

『学ぶことは思い出すこと』だと

 

 

 

『学ぶ』という外に向けての行為は

実は

『思い出す』という内面へのアプローチ

 

 

でもその『学ぶ』とは

真剣にやってこそのこと

 

真剣に学ばないと思い出すことはできないし

真剣に行為しないと自分のなかから何かを引き出すことはできなす

 

 

そしてその『真剣に学ぶ』という行為は

結果に拘らないこと

 

真剣に必死に努力することだけに意味があるのだと

 

 

 

 

これをしたら何か得するだろうか!

って思ってやってしまうのです

どうしても

 

 

でもやることだけに意味がある

 

 

その結果を考えなくっていい

 

 

 

確かにそうとおもうのです

これは以前映像クリエイターのちあきさんが言っていたことでもあるのです

 

過去記事です

 

意味が、あった

 

 

 

そう

ただやる

 

 

新しいしごと

これがどこに結びつくかなんて考えなくていい

ただ

やる

 

 

わたしがやりたいからやる

『食は歓び』

 

そのなかにいたいからやる

 

 

 

 

 

 

 

クラスが終わった後に

これはとても大切なことだから

すぐにブログに書かなきゃ!っておもったんだけれど

なぜすぐに書かなかったかわかりました

 

 

 

明日からの新しいスタートへの自分から自分への餞けだったんだ

 

 

 

送った自分は本当の自分です

 

受け取った自分は今の自分です

 

 

本当の自分をこの世界に存在している人で例えるなら

それは高橋先生だから

 

 

 

すべてをただやる

これは仏教の考え方でもありますね

 

 

 

 

色即是空

 

空即是色

 

 

 

学ばないと思い出せない

でもそれに意味はない

 

ただその行為が必要なだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして宇宙とわたしは

終わりない持続の中に存在している