読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内在を深めるということ

秋も深まり少しづつ紅葉も始まって

時の移り変わりを感じる今日この頃

昨日の満月もとても綺麗で

でもそれよりも天中を越えて傾き始めた月のあとから

とても素敵な星空が広がっていました

あんなに明るい月と星がいっぺんに見えることって

なかなかないんじゃないかなというくらい

とてもくっきりした星たちがこちらを見つめていました

 

全てに線を引き

執着を手放して離れるということをしています

そのなかで懐かしい人たちともふと会えたりしています

過去がたくさん戻ってきています

忘れていてなかったことにしてきた過去たちが

ふとした瞬間に戻ってくることはなんだかとても愛おしいことで

なかったことにしてきたものたちと仲直りして統合しているようです

 

 

『過去は消え去ったものでなく自分の中に続いている時間は過ぎ去っていないで保存している』

宇宙史(生命史)の流れの中に『自分』というものが乗っかっている

記憶が乗っかっている器に意識を向けること

その記憶の底で生きつづけている『生命』に心をむけること

記憶はそれ自体で存在する

即時的なものである

 

 

これは日曜日に哲学サロンのスピンオフ企画の半田広宣さんのセミナーで話されていたことです

 

 

セミナーにはたくさんの方が来ていておもしろかったです

興味津々の臨死体験している方とか占いの方とかヘミシンクの方とか

今ははじめましての輪に入れないもので

というより人との接し方がわからないから

遠くから眺めているだけでしたが

とてもよいエーテルに包まれていました

とても居心地がよかった

なにも気を使わなくてよくてとてもリラックスできました

話している内容が分かったわけではないのですが

わからなくてもそれでよくて

でも根底にある大いなる何かには触れているような

 

 

話の内容はみな同じことをいい方を変えて話しているという感覚です

 

セミナーについては自分のなかでもう少し消化してから書きたいと思います

 

 

シュタイナーのクラスでは結構出来るのですが

今回も上手に上と繋がりました

多分まだまだ初心者なのでその場のエーテルがとても大切なようです

セミナーで質疑応答が始まった瞬間に空気がかわってそれはやさしいあたたかいものになりました

 

内在を深めるということの大切さ

全てを自分がつくったものという感覚で徹底的に内在化していうことで

その先で外在世界を作ったものに出会う

 

一見矛盾しているようにも思えるのですが

自分のなかを突き詰めて詰めていくことで

入っていくことで外に出るというクラインの壺みたいなもの

 

そしてここのところずっと疑問だった

『なぜわたしはもう二度としないと思った量産の仕事をしているのか』

ということに対する答えがきました

それは

 

つながるためにやっている

つくることが内在を深めるためのツール

手を動かすことをしなさい

徹底的に

それが内在に深く入るためのツールだから

 

 

答えは自分のなかにある

ということはここのところずっと思っていたことで

それしか先に行く方法はないということもわかっていたことで

その方法がわからなかったのです

 

 

 

現在の認識のレベルで行きつけるところまで行くしか

次の認識のレベルに行くことはできない

自分で考えて

自分のアタマで考えて