読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お見送りしたこと

11月になったー!

はやいーーー!!

 

ふと8月から時間が止まったように感じました

時空の乱れかしらねえ

でもそういえばこのことについて書いていなかったことを思い出したので

したためておこうと思い筆をとりました

 

 

8月5日の早朝に祖母が向こう側に旅立ちました

ふっとその時が戻ってきて

そこからの時間の経過に驚いたのでした

 

その前の週末からゴハンが食べれなくなりお水がのめなくなり

会いに行ったら死相が出ているのをみて驚いて

たまたまその日にお地蔵さまと遍照金剛さまとヴァイローチャナがよしよししてくれて

そのときの深い愛情に包まれる感覚に涙がでて

わたしもそういう存在であればよいって思ったので

そのときの感覚そのままに彼女をよしよししたら

死相は消え安心しました

 

でも水が飲めないのは続きちょっとそろそろもたなくなるのではないかと思って

その夜は施設に泊めてもらい一緒に夜を明かそうと思いました

 

祖母は子供と一緒の目線で遊んでくれてそれが嬉しいので子供のころはたくさんの時間を一緒に過ごしました

それと同時にとても勉強熱心で学ぶことが大好きでいろんな知識をたっくさん持っていたようです

それを人に教えることはせずに

ただただ謙虚に学び続けた人でした

手先も器用でわたしたちの服をたくさん縫ってくれました

 

もっと歳が近かったらきっととても仲良い友達になったのではないかと思います

 

わたしは初孫なのでとにかくかわいがってもらいました

大切にされた記憶がたくさんあります

 

なにか近くに居たくって

最後に味わうなら日本人だし美味しいだしの味がいいかなと

口にふくませてあげるために濃いだしをつくって持参し

自分のスケジュール的にここしかないというタイミングで泊まったら

なんと見送ることになりました

 

 

 

そのとき祖母に対してしたことは

身体が楽になることと恐怖を乗り越える誘導でした

 

呼吸が苦しそうだったので胸と背中に手を当てて『ゆき』をしながら彼女の呼吸にあわせて

息を吸うたびに楽になり

吐くたびに苦しさや不安が出て行くというふうに声をかけていました

 

12時前に圧倒的な睡魔がやってきたのでとりあえず身を任せて一度向こうに行って

きっとそれをもっとうまく行う方法を携えて帰ってきたようにおもいます

その時のことはあまりよく覚えていないけれど

その後の誘導はとてもうまくいったように思います

苦しそうだった息もだんだん楽になってきて表情もやわらかくなってきて

これならと

夜が明けたら帰ろうと思ってちょっとぼーっとしていたら

カッと息をすって息がとまりました

冗談かと思ってゆすっても呼んでももう息をすることはありませんでした

3時46分でした

 

やっとここでの学びを終えることが出来て

それを受け入れることが出来て本当に良かったとおもいます

 

 

 

人は誰しも自分の存在をただあるがままに受け入れてもらいたいという欲求を持っているということを

そして自分とそれ以外の宇宙に全てを委ねることができたときに次の扉を開けることができるのだということを

 

 

その日彼女とともにいることで

わたし(をとおした世界)が彼女をすべて受け入れることで

ここをはなれるためのきっかけになったのだと思います

 

それとともに

身内を亡くすということはとても辛いことですが

後悔を残すということでは

施設で寿命をむかえても誰かが最期を看取って旅立ったということはせめてもの救いになるのではないかと思います

 

 

 

 

 

 

彼女はわたしにたくさんのものを残してくれました

最期にほんとうに大きなギフトを置いて行ってくれました

 

今いるところでしっかりと見守っていてくれていることを感じます

 

 

わたしはわたしでよかった

わたしはここに存在していてよかった

 

というメッセージがきましたなう