読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

邪の道から

春うららのおだやかな1日でした

陽の光があたたかいというのは

なんとも素敵なことですね♪

 

 

ホーリーバジルとレモンバジルの種を自家採種した分をきれいにして

ホワイトセージの種も冷蔵庫に入れてスタンバイしているし

セージも接ぎ木しているし

花壇の材料もそろっているし

物置温室化の手配も済み

来週の新月種まきの準備も順調にあらから終わりまして

今年はさらに魔法ハーブの庭の充実をはかるのです!!!

 

 

一年中で最大のイベントといっても過言ではなくなっている種まき♪

 

しかも今回はおひつじ座の新月ですからね!

 

気合いが入ります!!!

 

 

ウチの仲間たちは

それらのハーブはじめ植物たち

モモンガ

そして金魚が2匹

名前は『月』と『いちご』

あだ名は『満月』と『あまおう』

。。。。

はい

ふっくらしているのですね 笑

 

 

先日引越しのタイミングで

テネモス研究所のマナウォーターをとりつけまして

毎日美味しいお水が水道の蛇口をひねると勢い良く出てくるという

それは大変幸せな毎日です

 

 

水道水が湧き水のようになる

ということなので

金魚たちの水にもマナウォーターを置き水して使っていました

 

でも先日水換えをするのに

ちょっと時間がなかったから汲みたての水を使ってしまったのです

新しいバケツの水の中に2匹を入れてちょっと目を離したら

なんとかわいい月ちゃんがよじれて動かなくなっていました

 

 

ものすごいびっくりしつつも

カルキ抜きの薬品を投入して

でもダメで

以前どこかで見た

古い水を入れると生き返るっていうのを勢い良く思い出し

金魚鉢の底にのこった濁った水を数滴そして入れていた水草を投げ込んだら

無事に月ちゃんが復活しました!!!!

 

 

その展開の速さと綺麗な水がもたらした惨事に驚きつつ

びっくりすると不思議な冷静さを発揮するので

その後フツーに金魚鉢を洗って2匹を戻して

今は元気にひらひらしています

 

 

 

 

仏教で蓮の花を神聖なものとしているのは

泥(煩悩)の中から美しい蓮の花(悟り)が花開くという意味があるからだったとおもうのだけれど

 

 

 

風の谷のナウシカの原作漫画では

最後7巻で

汚染された土地が腐海によって清浄になったあと

そこでは汚染されたこの人間は生きる事ができないので

清浄な土地で生きるためのおとなしい人間のたまごが用意されていました

それをナウシカがオーマとともに破壊するのだけれど

 

 

この

聖、善、正

みたいなものと

悪、邪、汚

みたいなものが

すべてそのままどっちが良くってどっちが悪いという

二元論では

はかれないことなのだと

 

なぜなら生きるということは

聖も邪も併せ持っているものだから

 

 

自分は悪だなと思うのです

その悪っぷりに自分で驚いたりします

なぜこうなるのかこんなことができるのか

その悪を平静と行動にだしてること

 

 

でも人間には驚くほどの叡智や尊さがつまっている

 

 

 

この深い泥の中に全て知っていて全て持っているその叡智を

いつか咲かせることができるのだろうか

 

 

咲かせたいと思ういつか

 

 

書いていてわかってきたなあとおもうことがあります

 

最近自分の本当に望むことがわからないっておもっていたのだけれど

 

 

わたしはこの悪の中から叡智の花を咲かせたい

 

 

なんとなくそんなようなことを望んでいるみたい

 

 

邪にも大切な役割があること

悪にまみれたこの世界から

この続きを考えてみたいとおもいます

 

 

 

 

追記

 

ここ2日眠るのが早すぎて

明け方ぱっちり目覚めると

空には細くなった月

 

そして遊ぼうと駆け寄ってくるモモンガ 笑

 

 

明け方の静かな月は

それは美しいものですね

 

 

それを見てモモンガをなでてまたふんわり少し眠るのは

悪ながらも小さいけれど確かな幸せです