読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20140214クリスタル瞑想会

今日は第一チャクラと第二チャクラにフォーカスする瞑想でした。

第一チャクラの辺りには、いろーーーんな重たくどろっとしたものがたくさん溜まっていて、出しても出してもだめで、あ、これって股関節が硬いのも影響してる、とか思いながらもクリーニング。
前に倒れてうずくまりたくなって、でもなかなか良い感じにクリーニングしてきた。
多分ここは溜まりやすいから、しばしばした方がいいなーと思った。
腹の底に溜めるというやつですな!

で、生きる、ということを見つめたとき、自由で楽しい、て、出てきた。

水の中や草原や、空や、いろんなところで自由に動きながら笑って笑って、すごい楽しいことが生きることみたい。



で、目の前に第一チャクラのおっきなボールを取り出して、中にいる自分と対話しようとしたら、わたしはおっきな天井にかざっているような多面球体のルビーみたいな赤い透明の石の中に、結跏趺坐で静かに座っていて、何をしてもコミニュケーションが取れなくて、
撫でたり叩いたり、念やあたたかさを送ったりしてたら、
出たい、て、頭の中に小さくひびいた。
でも最後まで出せなくて、ハートのチャクラにしまったよ。



途中、赤い竜で天と地球の核と行ったり来たりしていたとき、両方とも楽しく行けたのに、最後まで繋がらなかった。




次、第二チャクラの瞑想では
最初から春雨みたいな乳白色と金色のシャワーで、チャクラを伸ばして解放したくて、ずっとおなかを伸ばしていた。

そんなイメージの中に、やわらかな森に行って、金色の木漏れ日とか、それが夕方になって、月明かりになったりとか、月になったりとかして、
チャクラの色のオレンジに合わせて、天に伸びようとしたら、なんかひっかかったから戻ってつんつんしたら、いきなりばーーって、オレンジかかった金色の光が放射線状にひろがって、とても暖かくて、ものすごいエネルギーだった。

それをしばらく味わって、幸せで、さっきの森に行ったら、もりはこんじきになっていた。美しかった。



そして何度も何度も、後ろめたいて思いたくないって聞こえた。



明るい光と風が入る場所で、誰かと一緒にいたいってすごい思った。



だからもう二度と、後ろめたい人や、後ろめたい場所で会わなきゃ行けない人はやめようて、心から思った。




最後に、オレンジ色の中の自分を抱きしめたら、ナウシカの地底の砂みたいに、ぱりんって綺麗な音ではじけて輝いたよ。




ものすごいエネルギーだった。
幸せな瞑想でした。




あのルビーの中にいる自分、いつか出るかな。



二度と、後ろめたいて思わせないからね。